沿革

一世紀を超えて受け継がれる、チャレンジ精神と鶴丸廣太郎の熱い思い

鶴丸海運は、創業から100年以上の今日に至るまで、常にチャレンジ精神をもって事業の発展を遂げて参りました。

会社の根底にあるのは、「事業を通して社会に奉仕貢献すること、お客様へ喜んでもらうこと、従業員へ還元すること」という初代社長、鶴丸廣太郎の思いです。

創業者が掲げた「灯火」は、100年の時を超えた今日でも変わることなく、受け継がれています。

こちらから鶴丸海運の100年史をご覧いただけます。


【創業から繁栄へ】

~1920年

1909年、国際港としてにぎわう横浜港を出入りする船の景気の良い様と大海原の雄大さに惹かれ、「自分は将来、海にのり出そう、七つの海に、日の丸の旗を立てたい」と決心を固めた青年がいました。それが、後に鶴丸海運の初代社長となる鶴丸廣太郎(当時19歳)でした。

遠賀税務署に21歳の廣太郎が勤務し始めた1911年当時、若松地区は、官営八幡製鉄所の操業と背後に抱える筑豊炭田の石炭積み出し港として活況を呈していました。

1912年には税務署長の推薦を受けて杤木汽船に入社し、廣太郎は海運業への第一歩を踏み出したのです。その後、造船や代理店を行う都留商店に転職しますが、1920年の八幡製鉄所職員による大規模ストライキが北九州経済に大打撃となり、都留商店は閉鎖し、廣太郎は職を失ってしまいます。

1921年

8月20日、廣太郎は若松税務署での同僚で腹心の友であった久富友作らとともに、石炭商・海運業「鶴丸商店」を創業しました。

必ずしも準備万全な門出ではありませんでしたが、鶴丸海運は大海原へ漕ぎだしたのです。

創業当時の社屋

若松港は九州の筑豊炭田で採掘された石炭を積み出す地として、全国でも有数の港でした。
大小の海運業者が軒を連ねる中、船の稼働率を上げて荷主の要望に出来る限り応えながらも、他社より低価格で物流サービスを提供することで、鶴丸商店は伸長しました。

初代社長 鶴丸廣太郎

1923年

9月1日に発生した「関東大震災」の影響の中で、資金を工面して自社船「第2深川丸」を購入し、輸送責任を果たしました。
1923年から終戦までに汽船34隻、機帆船17隻を取得して船団の構築に注力しました。

1931年

満州事変での軍需景気により、石炭の需要が急増したことで経営が本格的に軌道に乗り始めました。

1935年

資本金2,000円の株式会社となり、社名を「鶴丸汽船株式会社」へ改称して、決意新たに海上運送事業の発展に取組みました。

1938年~

廣太郎は、愛郷心が強く社会への貢献と援助を惜しみませんでした。
【廣太郎氏の社会貢献の実績】
・積極的に寺社へ奉加
・青少年育成のために武道場を建築
・母校の小学校に校舎1棟4教室を寄贈
・日明小学校の校舎2棟の建築費を寄付
・高塔山公園の用地購入代として、現在価値で約2億円もの私財を寄付

廣太郎氏が公園用地の買取に私財を投じたことが記載されています

1940年~

廣太郎氏は、若松で新しく結成された会社や組合の公職にも就任し、社会への貢献に注力しました。
【就任した企業組合】
・若松地区機帆船海運組合
・全国機帆船組合連合会の初代理事長
・機帆船運航統制㈱の社長(42年3月)
・若松機帆船石炭輸送㈱の社長(42年10月)
・若松港運㈱の社長(43年1月)
・西日本石炭輸送統制㈱の社長(43年3月)
など

機帆船輸送組合の創立総会で挨拶する廣太郎氏

中央省庁との折衝や各地区組合間の利害調整などで多忙を極める中ではありましたが、鶴丸汽船の社長業務にも廣太郎は尽力しました。

新規の建造船に「八幡山丸」と命名する廣太郎氏

1944年~1945年

1944年11月27日、鶴丸廣太郎は社員寮の玄関先で倒れ、同日午後9時に不帰の人となりました。
享年55歳。戦時の海運業を支え、鶴丸海運の礎を築いた創始者のあまりにはやい逝去でした。

1945年8月15日の終戦を迎えた段階で、戦時中に徴用された船舶約30隻と船員約300名を喪失するという開業以来積み上げてきた多くのものを失い、鶴丸汽船は再出発を切ることとなりました。


【ゼロからの再出発】

1945年

廣太郎社長の逝去を受けて、鶴丸大輔が二代目社長に就任し、事業の再建に当たりました。

二代目社長 鶴丸大輔

1946年~1955年

船舶の回復を目指す政府の造船政策に追い風を得て、第一次計画造船において宝満山丸(1,996トン)が竣工し、第3次計画造船において鏡山丸(695トン)を新造しました。
同時期、瀬戸内で触雷して沈没していた金立山丸や金山丸を引き揚げて修理し、瀬戸内での石炭輸送に活躍しました。
この他にも、南アフリカから天拝山丸を、新日本汽船から福知山丸を購入し、船舶を新規で造船するなど、戦争で失った船団の再建に大輔は尽力しました。

また、初代廣太郎氏の「七つの海に日の丸の旗を立てたい」という想いを引き継ぎ、創業以来初めて外航海運事業に進出しました。

「鶴丸の白金丸」と名高い機帆船 第2白金丸

南アフリカから購入した天拝山丸

1956年

石炭の荷扱い減少に伴い、港湾運送部門(船内荷役、沿岸荷役、艀回漕)の利益減となりました。
石炭荷役事業に集中した状態から脱却して、鉄鋼や化学機械の荷役・艀回漕やトラック、倉庫、クレーンなどへの事業多角化することを目的として、港湾運送事業を取扱う「鶴丸運輸」を設立しました。

 

【時代の荒波を超えて】

1958年

輸入木材の荷役事業に進出し、石炭に依存していた取扱貨物からの脱却し、事業の多角化を図りました。

木材荷役の様子

1960年~

「エネルギー革命」、新造船技術である「ブロック工法」の開発、関門国道トンネルの開通などの目まぐるしい情勢変化の中で、大輔は、現在の鶴丸海運の事業基盤となる様々な新規案件への挑戦を行いました。

ブロック工法で建造された「鶴春丸」

1)新しく貨物自動車運送業の許認可を取得し、陸上輸送サービスを開始
高速道路や発電所等の建設ラッシュに合わせて、トレーラーの導入や大阪-東京間でのフェリー航送事業の進出を行いました。
1959年に阪神-小倉間での雑貨定航が開始されたことを受け、小倉での港湾荷役業(陸揚・保管・出荷)を構築しました。

フェリー航送

2)セメントの輸送事業を開始
セメントタンカーを建造してセメント輸送を開始し、石炭に依存していた取扱貨物からの脱却を図りました。

3)その他
物流サービスを充実させるため、事業の充実や多角化を推し進めました。
・大阪・千葉・福岡にて新たに倉庫業のサービス提供を開始
・浚渫船と土運船を建造して港湾土木事業を開始

1964年

海や陸での貨物輸送を行う「鶴丸汽船」に、港湾での荷役を行う「鶴丸運輸」が合併し、10月1日に「鶴丸海運株式会社」が設立しました。
海と港と陸をつなぐ総合一貫物流企業として、第一歩を力強く踏み出しました。

「鶴丸海運」の本社ビル

1965年~1968年

「再建3カ年計画」を2年半で達成しました。経常損益を黒字転換し、セメント専用船の拡充を推し進めました。
1955年時点の輸送実績では、石炭が65万2,000トンであるのに対して、セメントと石灰石が合計で10万5,000トンと、6分の1程度しかありませんでした。
しかし、10年後の1965年の輸送実績では、石炭77万トンに対して、セメントと石灰石の合計が76万9,000トンと、同規模の取扱量にまで伸長しました。
石炭事業の一本足打法から、時代の変化に即した事業多角化への移行に成功したのです。

1970年~

事業の多角化や物流サービスの更なる充実化に向けて、様々な試みをおこないました。
【挑戦した事例】
・造船会社「響灘ドック」の創業(1970年5月)
・航空観光事業を扱う「鶴丸航空観光」の創業(1972年12月)
・港湾土木を扱う「鶴丸建設工業」の創業(1973年12月)
・福岡営業所の開設(1974年11月)
など…

鶴丸航空観光の営業所

【経済の混乱と停滞】

1981年~

産業廃棄物の海上輸送の認可を受け、北九州市での廃棄物の輸送事業を開始しました。
当時、廃棄物の輸送という「静脈物流」事業に目を向けた同業他社は殆どありませんでした。
「静脈物流」とは、原材料から工場での製品化を経由して消費者へ商品を運ぶ「動脈物流」の対義語で、商品や廃棄物のリサイクルや回収処分を行う物流の流れを指します。
誰も目を向けなかった廃棄物輸送にいち早く取り組むことで、鶴丸海運は静脈物流企業の先駆けとなり、環境に優しい企業としての地位を確立したのです。

廃棄物を輸送するボックスパージ

また、当時は20世紀最大の発明とも言われる「コンテナ」の誕生により、物流業界ではコンテナ輸送のニーズが全世界的に高まりを見せていました。
いわゆる「コンテナ革命」では、コンテナという規格化された鉄の箱を使用することで、船での海上輸送・港での荷役・陸上でのコンテナ輸送を迅速かつ安全に行えるようになり、物流に激震的な合理化をもたらしました。
こうしたコンテナ輸送の需要を取り込むため、コンテナでの輸配送サービスに特化したコンテナターミナルを建設しました。

福岡市東区倉庫

コンテナ輸送のニーズ取組みと同時期に、他のコンテナよりも優先的に荷役や通関を行い、即日又は翌日の内に配送に回す「ホットデリバリー」サービスの提供を開始しました。
このホットデリバリーサービスは、季節もので短期決戦を行うアパレル業界で良く利用されます。
ECと即日発送が定着した現代でこそ常識のサービスですが、当時の門司港地区では対応できる業者がほぼおらず、鶴丸海運が草分け的企業となったのです。
その結果、最盛期の通関件数が門司港運、門菱港運に次いで、門司地区で第三位に食い込みました。

1992年

鶴丸裕介が三代目社長に就任し、バブル経済に左右されない実直な手腕で、企業体力の充実を堅実に取り組みました。
内航海運業ではチャーター船の拡充を図り、港湾運送事業では新門司倉庫や今治営業所の開設等を行いました。

三代目社長の鶴丸裕介

1998年

鶴丸俊輔が四代目社長に就任し、社会に貢献し続けるという目的を果たす為に、物流サービスへの充実と新規物流事業に取り組みました。

四代目社長の鶴丸俊輔

経営のバトンタッチを見守るように、1999年8月16日二代目社長の鶴丸大輔は肺炎にて死去しました。
享年80歳。敗戦後のゼロから出発し、高度経済成長やオイルショック等の波濤を超えて、大輔は鶴丸海運の舵取りを行ってきました。
鶴丸海運の伝統、文化は大輔の試行錯誤の足跡そのものです。

【国際化、そして物流サービスの充実へ】

新規需要の取り込み、海外への事業展開へ、俊輔はお客様への物流サービスの充実に取り組みました。

2003年~

創業より悲願であった、外航海運事業の取組みを行います。
5つのハッチと荷重30トンのクレーンを5基搭載し、遠洋航海も可能な大型バラ積み船「PHOENIX ISLAND」を購入しました。
載貨重量2万8,665トンをフル活用し、アメリカ~日本での小麦や肥料輸送に従事しました。

PHOENIX ISLAND

翌年5月には、外航セメントタンカー「BLUE CLANE」を三菱マテリアルより購入し、中国青島港、連雲港等へのセメント輸送に活躍しました。

外航セメント船 BLUE CLANE

2004年

門司地区のホットデリバリー企業として一日の長がある鶴丸海運ですが、近い将来、関東や関西などの大消費地に近い港湾が同様のサービスを提供し始めて鶴丸の仕事がなくなる、という危惧がありました。
若手社員が主体となって、競合が少なく需要の見込めた危険物の保管と通関事業の開始を提案し、俊輔の後押しを得て事業参入が決定しました。
12月、倉庫建設費で1億円を投資する大プロジェクトとして、門司区田野浦地区に危険物倉庫4棟を建設しました。
鶴丸海運は、知名度もない新規参入業者である一方、化学品メーカーは三菱などの大手企業ばかりでした。
安全性を説明するために分厚いマニュアルを掲げて営業をかけ、少しずつ案件の獲得に成功しました。
事業3年目で黒字転換し、その後も収益が堅調に推移するようになりました。

危険物倉庫

2007年

得意先の推薦を受け、海外事業への取組みを強化するべく、タイで鋼材製品を取扱う「鶴丸ロジスティクスタイランド(TLT)」を設立しました。
日本から輸入した鋼線を工場へ納品するという案件に対して、TLTはただ商品を右から左へ流すのではなく、輸入時に発生した傷、錆、曲がりなどを修復して納品するという付加価値を提供したのです。
また、従来のは9コイルしか積載できなかったトレーラーに15コイルまで積載できる積み方を実施し、大幅のコストダウンを実現させました。

タイのスタッフとトレーラー

2014年

インドネシアに「鶴丸ロジスティクスインドネシア(TLI)」を設立し、海外事業強化への取組みを伸長しました。
インドネシアでもタイ同様に付加価値を付けた高品質な物流サービスを提供し、事業の発展に成功しました。
日本でも通用する低価格・高品質・高機能として通用する物流サービスをタイでもインドネシアでも提供し、鶴丸海運は一歩ずつ確実に海外事業を展開しました。

インドネシアのスタッフ

同時期、国内事業に目を向けると、ガット船、貨物船、セメントタンカーを購入するなど積極的な事業投資を行い、内航船団を大幅に強化しました。

ガット船「遠賀」

貨物船「折鶴」

セメント船「英彦山丸」

2016年

視界や操作性が良く、バラ積貨物、スクラップ貨物、粒状貨物などの荷役に対応した港湾専用の大型クレーンTL1100を導入し、荷役サービスの対応力を高めました。

粒状貨物の荷役を行うTL1100


【永続的な発展を目指して】

2020年

経営基盤の強化を目的として、12月に新本社ビルを建設しました。
席を固定しないフリーアドレス制を採用し、館内どこでも従業員が業務に集中できる環境を整備しています。

新本社ビル

2021年~

2021年8月に創業100周年を迎えて、社会に貢献し続ける創業以来の「灯火」を受け継ぐべく、「強い会社・成長し続ける会社・誇れる会社」を事業指針としました。

 

私たち鶴丸海運は、実に多くの方に支えられて創業100年を迎えることが出来ました。
今後も飽くことなく、より良い物流サービスの提供を通して、お客様に貢献して参ります。

TOP